医大・医学部について

医師を目指す中学生は医学部専門の予備校と学習塾どちらに通うべき?

中学生から医学部専門の予備校に通うべき


将来的な医大や医学部受験に備えて、すでに家の近所などにある学習塾に通っている中学生もいるかもしれませんね。

とても素晴らしいことですが、もし本気で医学部入学を目指し医師になる決意が固まっているのであれば、今からでも予備校へと移ることをお勧めします。

予備校にもいろいろありますが、選んでもらいたいのは医学部専門の予備校です。

中学生のうちから予備校に通うことについて、「まだ早いのではないか」という声も時々聞かれますが、決してそんなことはありません。

どうせ医学部を目指すのであれば早いに越したことはないですし、むしろ早くから医学部受験に向けた準備をスタートさせておいた方がずっと有利になります。

また、医学部予備校は普通の予備校と違い、医学部に入るためのカリキュラムや受験対策のための環境、さらには有能で経験豊富な講師達によるサポート体制が整っています。

誰もが名前を知っているような大手予備校も悪くはありませんが、どうせなら医学部受験に特化したプロ集団に任せた方が合格率を上げることができるでしょう。

そもそも予備校と学習塾の違いとは?

では、「なぜ学習塾よりも予備校に行くべきなのか」について説明しますね。

そもそも、予備校は学習塾とは異なります。最も異なるのは目的です。

学習塾の多くは基礎学力を上げるためのカリキュラムが組まれているのが一般的。

予備校も基礎学力を上げるための授業はありますが、大学合格を目的にカリキュラムが組まれており、それを実現するための授業が行われます。

学習塾は学校で習ったことの補習的な意味合いが強いと言えるかもしれません。予備校は学校では習わないことも勉強し、大学合格の可能性をアップさせてくれるのです。

授業のスタイルや講義内容は塾や予備校によって異なりますが、目的が違えばカリキュラムや講師の質などが変わってくるのも当然でしょう。

予備校は、よりプロフェッショナルな講師陣が受験対策を徹底してくれる点でも、学習塾よりもさらに質が高く効率の良い授業が受けられるのです。

医師を目指す人は小学生から受験対策をしている


医大や医学部を目指すのであれば、早くから勉強をはじめとした受験のための準備を進めておいた方が有利であると説明しました。

中学生でこうした準備をスタートさせることは、決して早いとは言えません。

中には、小学生のうちから医大や医学部の受験を見据えた勉強を始めている人もいます。

中学生からでも遅くはありませんが、すでにライバル達は動き出していると考えておきましょう。

RELATED POST
医大・医学部について

【合格率90%】医師免許を取得する為の『医師国家試験』簡単すぎ?

2020年1月4日
予備校情報&中学生が6年後の医学部受験にむけて知っておくこと─dr.Egg
いいえ、医師国家試験は簡単ではない 医師免許を取得するための国家試験は年に1度実施されています。毎年のように医師が誕生しているわけです …
医大・医学部について

医学部専門予備校『メディカルフォレスト』の特徴と強み・合格実績

2019年10月6日
予備校情報&中学生が6年後の医学部受験にむけて知っておくこと─dr.Egg
医学部専門の予備校『メディカルフォレスト』の特徴と強み 医学部専門予備校として、高い満足度を記録している「メディカルフォレスト」につい …